このサイトでは、特にニーズが高い「安全性」「利便性」「監査対応」に注目し、おすすめの企業をあつめ、それぞれのお昼寝見守りセンサーの特徴や注意すべきポイントを解説しています。ぜひ参考にしてください。

お昼寝見守りセンサー(午睡センサー)システム導入で、保育の質を高めるために知っておきたいこと

幼児教育・保育無償化を受けて、夫婦共働きが当たり前の環境になりつつあります。
そのため、保育園の数も急激に増え、保育現場では人材の確保の難しさがさらに際立っています。さらに、社会全体で保育への注目が集まっており、保育の質を上げていく必要性も高まっているといえます。
保育の質が求められる今、保育ICTシステム、お昼寝見守りセンサー(午睡センサー)の導入が一般的になり、さまざまな企業が開発に参入しています。システム導入によって、保育の質の向上を実現するためには、適正コストで必要な機能要件を備えているのはもちろん、保育者が使いやすいといった点を考慮することが重要になるでしょう。

失敗しないお昼寝見守りセンサー(午睡センサー)の選び方
「安全性」「利便性」「監査対応」はもはや当たり前になりつつあるお昼寝見守りセンサー(午睡センサー)。「担当者がすぐに使えるかどうか」にばかり注目があつまりやすいですが、それだけでなく、「充電・収納しやすいか」、保護者への説明を含めた「運用時のサポート体制」、対応人数、「年度の切り替え時、移行しやすいか」などもカバーしている必要があります。保育者の負担がどれくらい増えるのか、その上でどのような保育を行っていきたいかという点も問い合わせの際に伝えていくのがいいでしょう。

おすすめセンサーランキング

  1. No.1CCS SENSOR

    保育士さんの声から生まれた午睡チェックセンサー

    人気度
    満足度
    対応デバイスPC・タブレット
    公式URLhttps://c-c-s.jp/sensor/

    園業務管理との連動が魅力、自社で保育園を運営しているのが強みPRポイント①アラート音と画面でうつぶせ寝をいち早く警告②保育事業を展開する会社が現場の保育士の声を反映して開発③皮膚温度変化などのバイタルデータから園児の体調不良を予測オムツにとりつけるタイプの午睡…

  2. No.2ハグモー

    リアルタイムモニター&簡単操作で心理的負担と業務負担を軽減

    人気度
    満足度
    対応デバイスPC・タブレット
    公式URLhttps://www.hugmo.net/hugsafety.php

    マット型の代表格!スマート体温計も注目PRポイント①独自開発の特許技術 超高感度センサー内蔵②アイコンをタップするだけの簡単操作で保育者の記録業務を効率化③電気を一切使用しないエアー式センサーソフトバンクの子会社が提供している保育クラウドサービス「hugmo」…

  3. No.3ユニファ

    「うつ伏せ寝」を検知できるほか、先生たちの手書き業務の軽減も

    人気度
    満足度
    対応デバイスPC・タブレット
    公式URLhttps://lookmee.jp/gosui/

    PRポイント①マット型にはできない「うつ伏せ寝」を検知②からだの向きをチェックして自動記録&出力③センサーの無償交換サービス箱を開けたらすぐ使える扱いやすさが魅力園児の肌着やパジャマに取り付けて使用するタイプの午睡チェックセンサーです。体動だけではなく、午睡中…

  4. No.4シエスタBeBe

    日本の保育現場を熟知した設計、医療機関でも認められた精度

  5. No.5icuco

    記録業務の負担軽減、1秒に1回の午睡チェックの頻度の高さが強…

  6. No.6IBUKI

    分かりやすい管理画面、専用アプリで記録もできる


人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。